もどる

運賃の移り変わり

  和   暦  西 暦      軌     道(市内線)           鉄       道(宮島線)     
大正元.11.23 1912 2銭 区間制  
大正 7.11.29 1918 3銭 均一制  
大正 8.11.20 1919 4銭 均一制  
大正11.08.22 1922   4銭(2区まで1区4銭、3区以上1区3銭)区間制
大正15.10.** 1926 5銭 均一制  
昭和17.04.01 1942   1キロごとに2.16銭の対キロ制に改定
昭和19.04.01 1944   1キロごとに2.5銭 対キロ制
昭和19.04.22   10銭 均一制  
昭和20.04.01 1945   1キロごとに3銭 対キロ制
昭和21.02.01 1946 20銭 均一制  
昭和21.04.01     1キロごとに7.5銭 対キロ制
昭和21.07.01   30銭 均一制  
昭和22.03.01 1947 40銭 均一制 1キロごとに9.5銭 対キロ制
昭和22.07.07   1キロごとに35銭 対キロ制
昭和22.08.07   1円 均一制  
昭和23.02.04 1948 2円 均一制  
昭和23.05.18   3円50銭 均一制 1キロごとに62銭 対キロ制
昭和23.07.18     1キロごとに1円20銭 対キロ制
昭和23.08.10   6円 均一制  
昭和24.05.01 1949   1キロごとに1円45銭 対キロ制
昭和25.05.15 1950 8円 均一制  
昭和26.11.15 1951 10円 均一制 1キロごとに1円90銭
対キロ制遠距離ていげん法採用
昭和27.12.01 1952   1キロごとに2円20銭 対キロ制
昭和28.03.20 1953   1キロごとに2円25銭 対キロ制
昭和29.11.10 1954 13円 往復25円券 1キロごとに2円70銭 対キロ制
昭和32.07.01 1957   1キロごとに3円05銭 鉄軌道連絡定期開始
昭和37.03.20 1962 15円 均一制 1区10円、5区の区間制
昭和40.08.28 1965 15円 乗切制に変更 1区15円、2区以上1区ごと10円(6区間)
昭和43.01.16 1968 20円 白島線15円 1区20円、2区以上1区ごと10円(6区間)
昭和45.06.25 1970 30円 白島線20円 1区20円、2区以上1区ごと10円(7区間)
昭和48.01.15 1973 40円 白島線30円 対キロ区間制 3キロまで30円
昭和49.10.17 1974 60円 白島線40円 対キロ区間制 最低40円
昭和51.11.04 1976 70円 白島線50円 対キロ区間制 最低60円
昭和53.11.24 1978 80円 白島線60円 対キロ区間制 最低70円
昭和54.11.01 1979 90円 白島線60円  
昭和56.04.01 1981 100円 白島線70円 対キロ区間制 最低80円
昭和57.02.01 1982 110円 白島線70円  
昭和58.12.01 1983 120円 白島線80円 対キロ区間制 最低90円
平成元.12.09 1989 130円(乗継180円) 白島線90円 対キロ区間制 最低100円
消費税に伴う値上げ
平成09.11.01 1997 150円(乗継150円) 白島線100円 対キロ区間制 最低120円

参考文献:広島のチンチン電車(郷土出版社)



もどる